観葉植物の種類と選び方



観葉植物を置く場所

 

 

観葉植物を置く部屋は、どちらの方角を向いているでしょうか。窓はあるでしょうか。日照時間はどのくらいあるでしょうか。観葉植物にとって、太陽の光にあたることは重要なポイントになってきます。部屋の日射条件をよく考えて、その条件にあった観葉植物を選ぶことが大切になります。

 

 

また、部屋の中に置きっ放しではなく、定期的に太陽の光に当ててあげることも重要です。その場合には、急に強い光に当てるのではなく、なるべく柔らかい光に当てて下さい。カーテン越しの光を当てるなどして、その観葉植物に適した日射条件に合わせてあげましょう。

 

 

基本的に、観葉植物は鉢植えの状態ですので、定期的に場所を移動させてあげたり、鉢を回したりして、葉が成長する方向が偏らないようにして下さい。ミニ盆栽などは、外で管理するのが基本です。太陽の光が当たり、風通しのよい場所に置いて育てて下さい。

 

 

室内の温度の変化にも気をつけましょう。四季によって変化しますし、昼と夜の間にも変化が生じます。また夏の冷房、冬の暖房などによる室内の乾燥にも注意が必要です。人間にとっては過ごしやすい環境であっても、観葉植物にとってはそうでない場合があります。

 

 

そこで考えなければならないことは、温度差があまりない場所で管理することができるかどうかです。冬の窓際などは昼夜の温度差が激しいので、夜になったら窓から少し離してあげましょう。エアコンの風が直接当たるところも避けて下さい。